オーストラリアについて

オーストラリアのプロフィール

日本の約22倍、ヨーロッパ全土を超える769万平方kmという表面積を誇るオーストラリアは、「広大」という言葉がふさわしいスケールの大きな国。海岸線が続き、ビーチの数は約7000ということからも、自然に恵まれた国である。

ニュー・サウス・ウェールズ州をはじめ6つの州と1つの準州、首都キャンベラの特別地域からなる。

広大な土地に対し、人口は約2400万人と人口密度が低いのも特徴。現在のオーストラリアは、別名「移住者の国」といわれるほどで、多くの民族が移住してきた国である。

オーストラリアの国旗

オーストラリアの国旗は、総数32,823におよぶ応募デザインの中から選ばれ、1901年9月3日メルボルンで初めて掲揚された。南十字星はオーストラリアが南半球にあることを、大きな7稜星は州、準州、特別地域からなる連邦を、ユニオンジャックはイギリスとの歴史的な絆を表現している。

オーストラリアの基本情報 Australia Information

英語名 Commonwealth of Australia
首都・主要都市 キャンベラ(CANBERRA)
プロフィール 日本の約22倍、769万平方kmという表面積を誇るオーストラリアは、「広大」という言葉がふさわしいスケールの大きな国。海岸線が約3万6735km続き、ビーチの数は約7000、自然に恵まれた国だということがわかる。ニュー・サウス・ウェールズ州をはじめ6つの州と1つの準州、首都キャンベラの特別地域からなり、大陸を縁取るように個性的な街が点在している。
言語 英語
宗教 キリスト教(カトリック、英国国教会)、無宗教
気候帯
  • 北部は熱帯性
  • 中部は砂漠性,亜熱帯性
  • 南部は温帯性気候
四季 南半球に位置するので日本とは反対。基本は9~11月が春、12~2月が夏、3~5月が秋、6~8月が冬となる。
通貨 オーストラリアドル
電圧 220~240V

オーストラリアの世界遺産 Australia's World Heritage

オーストラリアには17の世界遺産があり、自然遺産(複合遺産を含む)は15カ所と、世界一の数を誇ります。その中で、16の世界遺産では、さまざまな体験を楽しむことができます。

グレート・バリア・リーフでクルージングやシュノーケリング、熱帯雨林での散策、初心者から上級者まで楽しめるユーカリの森でのトレッキング、大地の鼓動や先住民アボリジニ文化の体感、そして、世界遺産の中の点存するリゾートでの滞在。単に見るだけではない、本物の体験がそこにあります。

日本の20倍もの面積をもつオーストラリアは、その広大な大地にふさわしく、人も自然も動物も、皆様を大きな手を広げて歓迎してくれます。

オーストラリアの代表都市 Australia City

▲ このページの先頭へ