タスマニア情報

世界で最もピュアな場所といわれている、オーストラリアのタスマニア州は、おすすめ観光スポットに溢れた自然の宝庫です。世界遺産のタスマニア原生雨林では、カンブリア紀にできた岩や樹齢約2000年の大常緑樹など、特有の自然に触れることができます。面積は北海道よりも小さいタスマニア島ですが、州内には国立公園が20ヶ所あり、そのうち8ヶ所が世界遺産に認定されています。タスマニアデビルをはじめ、ウォンバット、ワラビーなど野生動物の宝庫でもあります。

Mount Wellington

ホバート市内から車で30分

タスマニア州の州都、ホバートのランドマークとなっている標高1270mの、ウエリントン山。頂上の展望台は、ホバート市街や周辺の景観をパノラマで味わえる絶景ポイントなので、先ずこの観光スポットをタスマニア観光の第一歩とすることをおすすめします。夕陽の眺めは特に素晴らしいです。防寒着は必ず持って行ってください。

Bonorong Wildlife Sanctuary

ホバートから車で1時間

ボノロング・ワイルドライフパークでは、カンガルー、ワラビー、ウォンバットなど、オーストラリアの固有種が飼育されており、放し飼いされているカンガルーには餌付けすることもできます。おすすめの動物は、タスマニア島にしか生息していないタスマニアデビル。ホバート観光のツアーにも組み込まれていることがありますので、家族連れにおすすめの観光スポットです。

South West National Park

ホバートから車で2時間

サウスウエスト国立公園は、ホバートから西へ90km行ったところにあり、「タスマニア原生地域」の一部として世界遺産(複合遺産)に登録されています。名所は内陸に深く入り込んだバサースト湾、ペダー湖、 2つの巨大人口ダムなどですが、特にバサースト湾は湾全体が赤く染まった海水で満ちており、非常に珍しいおすすめの観光スポットです。

Cradle Mountain-Lake St Clair National Park

ロンセストンから北西へ車で約2時間

クレイドル山=セント・クレア湖国立公園は、サウスウエスト国立公園同様、1982年タスマニア原生地域としてユネスコの世界遺産(複合遺産)に登録されました。標高1614mと、タスマニア最高峰のオッサ山を中心に1500m以上の山々が並ぶ、美しい山岳地帯で、美しい湖や樹林もあります。秋の紅葉は特に美しく、多くの観光客が訪れます。

▲ このページの先頭へ